利用上の注意事項

利用上の注意事項

  1. 滋賀県防災情報マップ(以下「本サイト」という。)で提供するサービスは無償で利用できます。ただし、本サービスを利用するための通信費等の費用は、利用者の負担となります。
  2. 本サイトの利用に当たっては、「利用上の注意事項」を御確認ください。
  3. 本サービスを利用した場合、滋賀県は、利用者が利用上の注意事項に同意したものとみなします。
  4. 本サイトで提供する洪水浸水想定区域図や土砂災害危険箇所等といった防災マップは、地図およびデータ作成上の誤差を含んでいます。滋賀県は、本サイトで公表する情報の完全なる正確性を保証するものではありません。詳細については、それぞれのお問い合わせ先で御確認ください。
  5. 本サイトでは、地理院地図、Google Maps、Open Street Mapsなどの多様な地図と重ね合わせして、防災マップが確認できます。これらの地図の著作権は地図を提供している事業者が保有しており利用に制約があります。また、これら多様な地図にはデータ作成上の精度の問題から防災マップがずれて表示される場合があります。
  6. 地理院地図、Google Maps、Open Street Mapsなどのインターネット地図の更新頻度や精度は、インターネット地図を提供する事業者に依存しています。滋賀県は、インターネット地図の更新頻度や精度を保証するものではありません。
  7. Microsoft Internet Explorer8、9、11 、Firefox(*)、Google Chrome(*)またはSafari 5以降で動作確認しています。その他のブラウザで動作保証はしておりません。なお、Microsoft Internet Explorer 、Firefox、Google Chrome またはSafari とも平成27年2月時点における最新バージョンブラウザの利用を推奨します。(*)平成27年2月時点最新バージョン
  8. 滋賀県は、本サイトの利用によって発生する直接または間接の損失、損害について一切の責任を負いません。
  9. 本サービスについて、法令、政令、その他全ての法令、条例等の法規に反する目的・手段・方法で利用することを一切禁じます。また、他人の権利を侵害する目的・手段・方法での利用、公序良俗に反する利用についても一切禁じます。
  10. 本サービスの利用目的および利用方法については、利用者の判断と責任に委ねられており、滋賀県は一切関与いたしません。
  11. 本サービスは、予告なしに内容を変更、削除したり、メンテナンス等のため、運用の停止、休止または中止をする場合があります。
  12. 滋賀県防災情報マップで掲載する防災情報は、全て最新のデータが揃っているわけではありません。利用者はデータ整備年度等を十分確認の上御利用ください。
  13. 防災情報マップの掲載情報を利用者が編集・加工して作成した成果物を他に転載、引用等する場合は、利用者は「出典:滋賀県防災情報マップ」のように出典を明記してください。
  14. スマートフォンおよび携帯電話で、現在地の防災情報マップを表示するには、端末のGPS機能を有効にしてださい。地下街、建物内、ビルの陰などの電波環境やGPS衛星環境によっては、位置確認の精度が低くなる場合があります。

本サイトに関する著作権

  1. 本サイトの著作権は、滋賀県に帰属します。
  2. 本サイトで使用している地図など一部の情報には、個人または団体が著作権を保有しているものがあります。詳細はお問い合わせ先を御確認ください。
  3. 本サイトでは、防災情報マップの背景地図に利用するあたり、Google および国土地理院の利用許諾を得ています。Open Street Mapsはクリエイティブコモンズライセンスに基づき利用しています。背景地図の閲覧、印刷などにおける利用では、背景地形図所有者が規定する著作権条項に沿った利用としてください。

GISデータのダウンロードについて

  1. 本サイトで提供する防災情報マップGISデータは、無償で加工・編集・転載できます。ただし、加工・編集・転載においては、「出典:滋賀県防災情報マップ」のように出典を明記してください。
  2. 本サイトで提供するGISデータの利用方法、加工方法については、一切お答えしません。利用者の責任および判断で御活用ください。

防災情報マップで水害リスクを確認するときの注意点

防災情報マップで土砂災害リスクを確認するときの注意点

サイト内リンク防災情報マップで土砂災害リスクを確認するときの注意点

防災情報マップで地震リスクを確認するときの注意点

サイト内リンク防災情報マップで地震リスクを確認するときの注意点

防災情報マップで山地災害危険地区マップを利用するときの注意点

サイト内リンク防災情報マップで山地災害危険地区マップを利用するときの注意点

防災情報マップで原子力災害対策を重点的に実施すべき地域(UPZ)を確認するときの注意点

  1. 原子力災害対策を重点的に実施すべき地域は、平成23年度に実施した放射性物質の拡散予測結果から定めたものです。
  2. 平成23年度に実施した放射性物質の拡散予測は、滋賀県に影響が大きくなる気象条件を選定し、敦賀原発、美浜原発、大飯原発、高浜原発で福島第一原発事故と同規模の放射性物質が外部に放出したとの想定でシミュレーションしています。
  3. 放射性物質の拡散予測結果はあくまでもシミュレーションであり原子力災害対策を重点的に実施すべき地域以外でも、想定していない事象により、放射性物質の影響がでるおそれがあります。

ページの
先頭へ